柳澤会計だより

平成21年8月31日

暑中お見舞い申し上げます。
皆様くれぐれもご自愛下さいますようお祈り申し上げます。
【事務所からご連絡】

第一生命保険にご加入の方にご連絡とお願いがございます。
第一生命保険は来年四月一日付で株式会社となります。それに伴い、ご契約者の方へ、第一生命からご説明が行われていると思います。皆様ご多忙の中申し訳ございませんが、ご協力よろしくお願い申し上げます。
現在ご加入の保険契約により、「株式配当」、一株に満たない端株の方へは「金銭配当」となると思います。
ご案内が第一生命からまいりましたら、お手数ではございますが、柳澤会計事務所までファックス又はコピー等頂けますようお願い申し上げます。
因みに、「雑収入」扱いとなりますのでよろしくお願い申し上げます。


役員報酬額変更の議事録

最近は調査の時に、調査官が役員報酬額が変った場合は議事録作成の有無を調べるようです。議事録が無い場合は役員報酬額の変更を認めないということがおきています。

付きましては、私共としましては議事録の作成及び控えの保存を徹底させて頂くこととしましたので、法人の皆様はご協力お願い申し上げます。

尚、役員報酬の変更があったにも関わらず議事録作成が行われていない場合は事務所までご連絡お願い申し上げます。期首に報酬額の変更があった場合も同様です。


貸付金

会社が役員に金銭を貸付けている場合適正な利息を取らなくてはなりません。
適正利率は、
一、法人が他から借入れている場合前事業年度中の支払利息を前事業年度中の借入金平均残高で割って適正利率を計算します。
二、一以外の場合貸付を行った年の前年一一月三〇日の日銀が定める基準割引利率(昨年は〇.三〇)に年四%の利率を加算した利率となります。
法人が受取った利息は法人税の課税対象となります。 

無利息又は適正利率より低い場合は、適正利率との差額に相当する部分について、役員に対する給与として課税されます。〈所得税法基本通達三六ー四九〉

ゴルフ会員権の譲渡

ゴルフ会員権の譲渡は原則として総合課税の譲渡所得となり、給与所得等他の所得と合算(又は損益通算)され課税されます。
譲渡所得の計算は、譲渡収入から取得費と譲渡費用を差し引き更に最高五〇万円の特別控除を引き、その二分の一が他の所得と合算されます。譲渡が赤字の場合は、まず、一時所得がある場合は一時所得と損益通算されますので、ゴルフ会員権の譲渡損が予測される年は、一時所得を生じないようにした方が良いでしょう。
取得費は、「入会金」第三者から購入した場合の「購入価額」、「名義書換料」などがあります。贈与により取得した場合でも「名義書換料」は取得費として計算できます。
譲渡費用には、ゴルフ会員権業者に支払う手数料などが含まれますが、「年会費」は維持費用となるため該当しません。
ゴルフ会員権でも譲渡所得の対象となるのは、プレー権が存在している場合です。ゴルフ場が倒産してプレー権が消滅した会員権は、損益通算の対象外となります。民事再生法等により、新経営会社に経営が移る場合、旧会員が株主会員となり、プレーを継続する場合はセーフです。
プレー権が無い場合は、「生活に通常必要でない資産」の譲渡となり、損益通算はできません。
(個人所得について適用)


編集後記

衆議院議員選挙は民主党の大勝で終わり、政権は民主党へ移ります。長年の官僚依存政治から議会主体の政治と変るのでしょうか。
国民の一人としては一刻も早い景気の回復を切望します。

*プレステージC.C.から割引券(平日千円、土日祝一五〇〇円)が着ております。コンペでは使用できません。今年十二月までご利用分に適用されます。お越しになる方は事務所までご連絡頂ければ郵送させて頂きます。皆川城C.C.ご利用の方も割引券がございます。


 
Copyright© 2016 柳澤会計事務所 All Rights Reserved.